読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▲今日は何しに宮崎へ!▲

宮崎県内に観光や仕事、キャンプなどで来られた方々に素直な感想を 聞いています 。【宮崎】に来られる方が参考になればうれしいです。。不定期で県内各地のことも紹介します。

山の贈り物!

《蜂蜜》(椎葉村)
100%天然

とろっとした黄褐色の蜜は、舌にのせた瞬間、濃厚な甘味が喉まで染みわたる。

椎葉村の蜂蜜は、自然に生息するニホンミツバチが集めてきた100%天然の「地密」。採れる量が限られ希少品だ。


村民は昔から趣味として蜂蜜を採り、同村不土野の椎葉辰徳さん(32)もその人。建設業の傍ら、蜂蜜採りを続けて10年になる。
「自然豊かな山で集められた密。おいしいに決まっている」と自信たっぷりに言い切る。


「丸ウト」という巣箱は、直径約30㌢、長さ約50㌢の丸太をくり抜いた構造。春先になると、標高約700㍍の山中に設置する。

昨年11月上旬、椎葉さんの採密作業に同行し、丸ウトの中をのぞき込むと無数のミツバチの間に美しい格子状の巣がたっぷり。
「越冬のための餌としてこしらえたもの。大切に一部を頂く」と椎葉さん。蜜がしたたる巣をそっと取り出した。


村内で採密する約30人は2004年、プロジェクトハニー推進協議会(尾川亀次会長)を組織し、蜂蜜をブランド化。「椎葉の秘密」の商品名で販売し、県内外にファンは多い。椎葉さんは「販売量は限られるが、ハチを絶やさないことが第一。おいしい蜂蜜を採り続けたい」と働き者のミツバチに優しいまなざしを向けた。