読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▲今日は何しに宮崎へ!▲

宮崎県内に観光や仕事、キャンプなどで来られた方々に素直な感想を 聞いています 。【宮崎】に来られる方が参考になればうれしいです。。不定期で県内各地のことも紹介します。

自慢の土産物

《和風チ-ズ饅頭》
宮崎市・味のくらや】

「メモ」
宮崎ブ-ゲンビリア空港ビル売店、
JR宮崎駅構内、レマン店の3店舗で販売。6個入り600円。
本社工場電話0985
(51) 1147。
《和洋素材が絶妙にマッチ》

宮崎市で50年以上続く菓子店「味のくらや」(坂本真一社長)。
宮崎県産のサツマイモを使った「からいも団子」や「ふくれ菓子」など定番商品を多く持つ同店の隠れた人気商品が「和風チ-ズ饅頭(まんじゅう)」だ。

洋風のイメージが強い本県の銘菓を和風にアレンジしたもので、子どもからお年寄りまで県内外の幅広い世代から支持されている。

黒糖が香る柔らかな生地の真ん中に、大きめのクリ-ムチ-ズ。上には干しぶどうがちりばめられている。濃厚なチ-ズの酸味と生地のほどよい甘さ、アクセントの干しぶどう―。和と洋の素材が絶妙にマッチした一品だ。

「他にはないチ-ズまんじゅうを作ろう」と、坂本社長の父、益造さん(67)=元会長=が20年ほど前に考案した。同店の定番商品であるふくれ菓子の生地を応用し、チ-ズに合うよう改良。時間がたってもしっとり感が続くのも特徴だ。

宮崎ブ-ゲンビリア空港でも販売しており、各航空会社のキャビンアテンダントにもファンが多いとか。過去にはお薦めの一品として機内誌で紹介されたこともあるという。

坂本社長(43)は「少し温め直して食べると中のチ-ズが柔らかくなってよりおいしい。お茶にもコ-ヒ-にも合います」と薦める。