読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▲今日は何しに宮崎へ!▲

宮崎県内に観光や仕事、キャンプなどで来られた方々に素直な感想を 聞いています 。【宮崎】に来られる方が参考になればうれしいです。。不定期で県内各地のことも紹介します。

甘露まとう尺ヤマメ

三股町
調理ピ-ク」

三股町長田のしゃくなげの森(池辺美紀社長)で、正月のおせち料理やお歳暮向けのヤマメの甘露煮、昆布巻き作りが最盛期を迎えている。


同社は独自の養殖技術で「尺ヤマメ」と呼ばれる体長30㌢の大型ヤマメを生産しており、その身を使って甘露煮と昆布巻きを製造。甘露煮は、身が崩れないよう火加減を調節しながら3日間かけてじっくりと煮込み、骨まで軟らかく仕上げる


昆布巻きは甘露煮にした身を一つ一つ丁寧に昆布で巻き上げ、さらにひと煮立ちさせる。
煮込んでいる直径約50㌢の大鍋からは甘い香りが立ち上がり、従業員ら6人が調理や全国の発送作業に追われる。「伝統的な和食の優しい味になるよう丹念に調理している」と谷口信一料理長(47)。


年内に計8千本を製造する予定。甘露煮は重さによって864~1620円、
昆布巻きは2本入りで864円。問い合わせはしゃくなげの森電話0986  (54)
1367。