読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▲今日は何しに宮崎へ!▲

宮崎県内に観光や仕事、キャンプなどで来られた方々に素直な感想を 聞いています 。【宮崎】に来られる方が参考になればうれしいです。。不定期で県内各地のことも紹介します。

新富町2度目の頂点!

1万 6000人でにぎわう!

地元食材を使った創作鍋の味とアイデアを競う西都児湯鍋合戦2016は20日、高鍋町の県農業科学公園ルピナスパ-クであった。

約1万6千人の人出でにぎわい、家族連れなどが各町自慢の鍋を堪能。最高賞の西都児湯鍋将軍には、新富町代表「しんとみの食改さん」が選ばれた。

今年で9回目。都農、川南、木城、高鍋新富町西都市の5町1市と青森県六ケ所村の計7チ-ムが参戦した。

鍋は1杯300円。鍋を味わった来場者400人の投票と審査員8人の評価を合計した得点で順位を決めた。
2年ぶり2度目の優勝となった新富町は「別品!しんとみうまいもん鍋」を出品。
新富茶をまぶして下処理したスペアリブや名物のレンコン、町産小麦のほうとうなど、徹底した地産地消のアイデアが光った。

チ-ムを率いた同町食生活改善推進協議会の杉田伸子会長(69)は「手間暇かけた逸品だったので自信はあった。会員同士が団結した『絆』のおかげ。皆さんに感謝したい」と話していた。

毎年来ているという高鍋町高鍋のパ-ト坂本智聡さん(34)は「年々人が増え、にぎわってきている。いろいろな鍋が食べられて楽しい」と満喫していた。