読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▲今日は何しに宮崎へ!▲

宮崎県内に観光や仕事、キャンプなどで来られた方々に素直な感想を 聞いています 。【宮崎】に来られる方が参考になればうれしいです。。不定期で県内各地のことも紹介します。

わが町の土産物

【さいとバ-ガ-】
(西都市・このはな館)

《メモ》
西都バ-ガ-のほか、このはな館内の「レストラン旬菜家」で販売している季節限定御膳「西都の秋の恵み」(1300円)なども人気。
開館時間は午前9時時~午後午後5時。月曜日定休(月曜日が祝日の場合はその翌日)。西都市三宅4941の1。電話0983(43)6230。

『地元食材にこだわる』

西都市の西都原ガイダンスセンターこのはな館が7年前から製造し、週末に販売しているハンバ-ガ-の第10弾。
西都原で見頃を迎えているコスモスにちなんだ、ピンクのバンズが目を引く逸品だ。

宮崎県産豚肩ロ-ス肉のしょうが焼き、ゴボウの天ぷら、キャベツやキュ-リのマヨサラダが挟まれており、野菜は全て西都産。

ジュ-シ-な肉のうま味とマヨサラダの酸味、隠し味に使用されている練りがらしの辛味が絶妙なバランスで、ゴボウの食感がいいアクセントを加えている。

西都原に多くの若者が訪れるようにと、同館の稲田晃昌店長らが長崎県佐世保バ-ガ-をヒントに考案。

第1弾はハンバ-グを挟んだ普通のハンバ-ガ-だったが、その後はイノシシ肉を使った変わり種も販売した。テイクアウトできるため、外のベンチに腰掛けたり、芝生に敷物を敷いたりしてバ-ガ-を頬張る観光客も多いという。

1個390円。ピンクのバンズは11月5、6日と同12、13の期間限定で、その後は普通のバンズで販売する。稲田店長は「地元食材にこだわった自信作。色とりどりのコスモスを眺めながら、ゆっくり味わってほしい」と話している。