読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▲今日は何しに宮崎へ!▲

宮崎県内に観光や仕事、キャンプなどで来られた方々に素直な感想を 聞いています 。【宮崎】に来られる方が参考になればうれしいです。。不定期で県内各地のことも紹介します。

町自慢の土産物

【カステラ『五三焼き』】

(日南市南郷町明月堂)
日南市南郷町のJR南郷駅を降り、東方向へ歩いてすぐの明月堂。創業80年以上の和菓子店だ。


《メモ》
明月堂は50種類以上の和菓子を製造販売。
カツオみそとあんこを使用し、カツオの頭をかたどったもなかを、新商品として開発中。
営業時間は午前8時~午後8時。元日を除き定休日なし。日南市南郷町東町2の7。電話0987(64)3377。


「どっしりとした」味

看板商品の一つは創業以来作り続けている「志んこだご」(1個410円)。もち米とアズキを使った蒸し菓子だ。もちもちとした柔らかい食感と上品な甘さが特徴という。

そして、同じく創業から焼き続けている自慢の一品が【カステラ『五三焼き』】。
名前の由来は諸説あり、一つは卵黄と卵白の割合が5対3だったからという。使う黄身が多く、焼き方が難しいことから「幻の味」とも称される。


2代目店主の安藤勝弥さん(72)は中学卒業後に長崎の文明堂で修行しカステラ作りを学んだ。「温度に注意しながら、泡立ての具合を見極める」と強いこだわりを持って昔ながらの製法を守る。
味は「どっしりした感じ」と表現。客から「こうゆうカステラはなかなか食べられない」と愛され続け、年間1万本以上を焼いている。


五三焼きは1本430㌘1620円、580㌘1944円、750㌘2700円。2本、3本入りも販売している。


安藤さんは「同じ材料でも店によって仕上がりが違う」と、同業者と情報交換するなどして、飽くなき探求心を持ち続けている。